Wednesday, December 23, 2009

Processingとjsilhouetteを使用して吹き出しを描画する

Processingとjsilhouetteを使用して吹き出しを描画するには、以下のコードを実行します。jsilhouetteはhttp://code.google.com/p/jsilhouette/から jsilhouette-geom-0.3.1.jarをダウンロードしてSketchのフォルダのcodeサブフォルダに配置するか、 Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。


// キャンバスサイズ
size(200, 200);
background(#f8f8ff);
// 描画用PGraphics作成
PGraphicsJava2D g2d=(PGraphicsJava2D)createGraphics(200, 200, JAVA2D);
g2d.beginDraw();
Graphics2D gr = g2d.g2;
gr.setColor(new Color(#ffcc00));
// 吹き出しを描画
gr.fill(new Balloon(50, 40, 100, 100, 20, 20, 40,
Balloon.TAB_AT_BOTTOM, 0.5f, Balloon.ANGLE_AT_END));
g2d.endDraw();

image(g2d, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1482a.png");


出力画像(sample1482a.png)
Processingとjsilhouetteを使用して描画した吹き出し

動作環境
Processing 1.0.7

No comments: