Tuesday, October 16, 2018

ProcessingとJava Image Filtersを使用して画像にマーブルフィルタをかける

ProcessingとJava Image Filtersを使用して画像にマーブルフィルタをかけるには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのcodeサブフォルダに配置するか、Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。

// キャンバスサイズ
size(300, 225);
PImage img = loadImage("sf2.jpg");
// 画像にマーブルフィルタをかける
MarbleFilter mf = new MarbleFilter();
// Xスケールの設定
mf.setXScale(8f);
// Yスケールの設定
mf.setYScale(8f);
// マーブルフィルタをかける量
mf.setAmount(1.0f);
// 荒れ具合を指定
mf.setTurbulence(0.7f);
PImage img2 = new PImage(mf.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1441a.png");

元画像(sf2.jpg):dataサブディレクトリに配置か、Add Filesで追加。


出力画像(sample1441a.png)
ProcessingとJava Image Filtersを使用してマーブルフィルタを適用した画像


〇動作環境
Processing 3.4

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Monday, October 15, 2018

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像をステンドグラス風に加工する

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像をステンドグラス風に加工するには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのcodeサブフォルダに配置するか、Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。

// キャンバスサイズ
size(300, 225);
PImage img = loadImage("sf2.jpg");
// 画像をステンドグラスっぽく加工
CrystallizeFilter cf = new CrystallizeFilter();
// スケールの設定
cf.setScale(8);
// エッジを消すかどうか
cf.setFadeEdges(false);
// エッジの幅
cf.setEdgeThickness(0.4f);
// ランダムさ
cf.setRandomness(0.5f);
PImage img2 = new PImage(cf.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1440a.png");

元画像(sf2.jpg):dataサブディレクトリに配置か、Add Filesで追加。


出力画像(sample1440a.png)
ProcessingとJava Image Filters(pixels)を使用してステンドグラス風に変換した画像


○動作環境
Processing 3.4

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のペー ジを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Saturday, October 13, 2018

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像にMaximumフィルタをかける

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像にMaximumフィルタをかけるには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのcodeサブフォルダに配置するか、Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。

// キャンバスサイズ
size(200, 200);
PImage img = loadImage("SF.JPG");
size(img.width, img.height);
// Maximum Filterを適用する 
MaximumFilter mf = new MaximumFilter();        
PImage img2 = new PImage(mf.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1468a.png");

元画像(sf.jpg):dataサブディレクトリに配置か、Add Filesで追加。


出力画像(sample1468a.png)
ProcessingとJava Image Filters(pixels)を使用してMaximumフィルタをかけた画像

〇動作環境
Processing 3.4

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Processing3.4とjsilhouetteを使用してアーモンド形を描画する

Processing3.4とjsilhouetteを使用してアーモンド形を描画するには、以下のコードを実行します。jsilhouetteはhttp://code.google.com/p/jsilhouette/から jsilhouette-geom-0.3.1.jarをダウンロードしてSketchのフォルダのcodeサブフォルダに配置するか、 Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。

import processing.awt.*;
import java.awt.*;

// キャンバスサイズ
size(200, 200);
background(#f8f8ff);
// 描画用PGraphics作成
PGraphicsJava2D g2d=(PGraphicsJava2D)createGraphics(200, 200, JAVA2D);
g2d.beginDraw();
Graphics2D gr = g2d.g2;
gr.setColor(new Color(#ffcc00));
// アーモンド形を描画
gr.fill(new Almond(100, 100, 50, 0));
g2d.endDraw();

image(g2d, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1478a.png");

出力画像(sample1478a.png)
Processingとjsilhouetteを使用して描画したアーモンド形


○動作環境
Processing 3.4

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して明るさ・コントラストを変更する

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して明るさ・コントラストを変更するには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのフォルダのcodeサブフォルダに配置します。

// キャンバスサイズ
size(200, 200);
PImage img = loadImage("SF.JPG");
ContrastFilter cf = new ContrastFilter();
// 明るさを50%に
cf.setBrightness(0.5f);
PImage img2 = new PImage(cf.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1439a.png");

// コントラストを150%
ContrastFilter cf2 = new ContrastFilter();
cf2.setContrast(1.5f);
PImage img3 = new PImage(cf2.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img3, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1439b.png");

元画像(sf.jpg):dataサブディレクトリに配置か、Add Filesで追加。


出力画像1(sample1439a.png)


出力画像2(sample1439b.png)


○動作環境
Processing 3.4/Processing 1.0.7

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Friday, October 12, 2018

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像を波紋加工する

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して波紋加工するには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのcodeサブフォルダに配置するか、Sketch->Add FilesメニューからSketchに追加します。

 // キャンバスサイズ
size(200, 200);
PImage img = loadImage("SF.JPG");
WaterFilter wf = new WaterFilter();
/* x座標を60%に設定 */
wf.setCentreX(0.6f);
/* y座標を60%に設定 */
wf.setCentreY(0.6f);
/* 半径を設定 */
wf.setRadius(100f);
/* 輪の太さ */
wf.setWavelength(20);
/* 振幅 */
wf.setAmplitude(4);
PImage img2 = new PImage(wf.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1438a.png");

元画像(sf.jpg):dataサブディレクトリに配置か、Add Filesで追加。


出力画像(sample1438a.png)
ProcessingとJava Image Filtersで波紋加工した画像


○動作環境
Processing 3.4

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像を拡散させる

Processing3.4とJava Image Filtersを使用して画像を拡散させるには、以下のコードを実行します。Java Image Filtersはhttp://www.jhlabs.com/ip/filters/download.htmlからFilters.jarをダウンロードしてSketchのフォルダのcodeサブフォルダに配置します。

import com.jhlabs.image.*;
// キャンバスサイズ
size(300, 225);
// 画像はdataディレクトリに置いておく
PImage img = loadImage("sf2.jpg");
DiffuseFilter df = new DiffuseFilter();
df.setScale(10);
PImage img2 = new PImage(df.filter((java.awt.image.BufferedImage)img.getImage(), null));
image(img2, 0, 0);
// ファイル保存
save("sample1437a.png");

元画像(sf2.jpg):dataサブフォルダに配置します。


出力画像(sample1437a.png)


〇動作環境
Processing 3.4, Filters

〇関連項目
Processingをインストールした仮想マシンを構築するには、以下のページを参照してください。
https://serverarekore.blogspot.com/search/label/Processing

Monday, December 07, 2015

pygalでレーダーチャートを描画する

pygalでレーダーチャートを描画するには、以下のサンプルコードのようにRaderを使用します。

サンプルコード
# coding=UTF-8
import pygal

chart = pygal.Radar(title=u"業者比較")
chart.x_labels = [u'工期', u'コスト', u'技術', u'実績', u'環境']
chart.add(u'業者1', [80, 50, 70, 50, 80])
chart.add(u'業者2', [90, 70, 100, 60, 80])
chart.add(u'業者3', [50, 100, 50, 80, 60])
chart.render_to_file('chart14.svg')
chart.render_to_png(filename='chart14.png')


出力画像


Thursday, December 03, 2015

pygalで円グラフを表示する

pygalで円グラフを表示にするには、以下のサンプルコードのようにPieを使用します。

サンプルコード
# coding=UTF-8
import pygal

chart = pygal.Pie(title=u"部門別売上")
chart.add(u'部門1', 200)
chart.add(u'部門2', 170)
chart.add(u'部門3', 50)
chart.render_to_file('chart13.svg')
chart.render_to_png(filename='chart13.png')


出力画像


Monday, November 30, 2015

pygalでデータポイントを非表示にする

pygalでデータポイントを非表示にするには、以下のサンプルコードのようにshow_dotsでFalseを指定します。

サンプルコード
# coding=UTF-8
import pygal

chart = pygal.Line(x_title=u'年度', y_title=u'百万', show_dots=False)
chart.x_labels = map(str, range(2013, 2016))
chart.add(u'部門1', [100, 200, 300])
chart.add(u'部門2', [150, 170, 320])
chart.add(u'部門3', [None, 50, 1000])
chart.render_to_file('chart12.svg')
chart.render_to_png(filename='chart12.png')


出力画像